肩の力を抜いてみよう

まだ5月なのに、冷房を入れるほどの暑さです〜><
最近ベランダで喫煙する人がいるようで臭いが気になってイライラするので、窓を開けられません^^;;
一応、ベランダを含む共用部は喫煙禁止となっているマンションなんですけどねぇ。。
湿度が高いのがまたきつい。。
バテないように気をつけたいです!!皆さんも気をつけてくださいね!

 

レス関連のブログを読んでいると、根を詰めすぎて、参ってしまっている方を目にすることが多いです。
努力しているのに、全く状況はよくならない。
そのままブログの更新が途切れていたり。。
自分ではいろいろやっているのに、結果が得られず焦る気持ち、自暴自棄になってしまう気持ちも含めて、よくわかります。
私はレスしてきた側でありながら、主人から「もう抱きたくない」と言われて焦ってどうにか夫婦仲を改善しようとしてきた人間です。
私が気付いた時にはすでに主人の気持ちは私から離れていたので、最初はセックス云々という状況でもなく、まず振り向かせるところ、また惚れてもらうところから。



どうにかしようと行動し始めた時、主人の行動に一喜一憂していました。
ちょっと態度が軟化すると浮かれ、機嫌が悪い時にはうなだれ。
よくなってきたかと思ったら、またどん底に落ちるということを何度も繰り返しました。
落ち込む度に自信を無くして、もういやだつらいと、よく泣いたものです。
私の場合、どうにかしようと思って数ヶ月でまたセックス出来るようになりましたが、レス期間が長ければ長いほど、良い関係に戻るまでに時間がかかるものじゃないかと思います。

 

これが、ある時期にある心がけをしてから、ちょっとマシになったんですよね。
何度も何度も有頂天とどん底を繰り返してくると、どうしても心が消耗してきます。
それをやめたい、と思って、主人の反応を伺うのをやめました。
頑張ったことに対する見返りを求めること、期待することをやめました。
私は私でやると決めたことを続けるだけ、そこに主人は関係ない、私がやりたいからやるのだ、と考えるようにしたんです。
夫婦仲をよくしたいのは、自分のためなんだって。



結果が出るかどうかもわからない中、腰を据えて、コツコツと長い期間取り組むというのは、苦行のように感じるかもしれませんが・・・。
でも、私にはこの考え方が合っていたようで、そう考え始めてから、レスや夫婦仲の問題に振り回されなくなったように思います。
それまでは、夫婦仲の問題が生活の中心だったんですよね。
いつもセックスレスのブログを探していたり、関連の本を読んだり。
それが無駄だったとは思いませんし、得ることもたくさんあったけど、今振り返えると、疲れてしまっても仕方がないように思います。

 

レス問題をどうにかしようとして疲れてしまったな、なんだか悪い方へばかり考えてしまうな、というときは、ちょっとレスの問題から離れてみるのも一つの手かなと思います。
即解決などないものだから、ちょっと休んで気分転換して、また頑張れそうになったらまた頑張ればいいんです。
今日は、疲れたらちょっと肩の力を抜いてみては??という提案でした!

 

にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ