育児ストレスの発散方法

今日は、主人が娘を連れてお出かけしてくれています。
主人が家の中で一人ゆっくりする時間を作ってくれました。
本を読んだり、映画を観たり、ゆっくりおやつを食べながらコーヒーを飲んだり、ゴロゴロしたり。
インドア派な私は、「一人でゆっくり外行っておいで」よりも「娘と外行ってくるね」の方が、贅沢な時間を過ごせているように思います。
一人でカフェ行きたいとかショッピングを楽しみたいとか、これまた人それぞれですけどね。

 

育児中のストレスは、本当に、子供が生まれる前に想像していた以上で、どこかで発散できないとまた鬱になってしまうのではないかと怖くなります。
育児サークルに所属する前の、一人家の中にこもっての育児を今でも続けていたとしたらと考えるとゾッとします。
どこかで読んだのですが、育児中の物事が思い通りにいかないストレスは、職場で隣の席の人とPCを共有しているような不便さと同じだそうです。
隣の人と交代で使うために自分のやりたい仕事が、思ったようにできないストレス。
うん、なんとなく、わかる。



先日、Eテレの「すくすく子育て」という、子育て初心者のパパママである私たち夫婦にとって色々とヒントをくれる番組で「どうする!?イヤイヤ期」というテーマの放送がありました。
その中で「愚痴を言ってもいいか」という質問があったんですね。
なんだか子供の悪口を言っているようで、心苦しいと質問をした人は言っていました。
わかるよ〜、その気持ち!!

 

専門家の方のアドバイスとしては、「愚痴を言うと、気分転換になり気持ちが楽になる。愚痴が言える人にしっかり愚痴を言いましょう」「ママ友と健闘をたたえあう感覚で愚痴が言えるとよい」と言っていました。
愚痴ってあまり言わない方がいいんだと思ってたけど、溜め込まずに言った方がいいと知ってちょっと気持ちが楽になりました。
なんとなーく愚痴を言うことに罪悪感を持っていたけど、悪いことじゃなかったんだ〜!



うちでは「すくすく子育て」を観るときは、なるべく主人と一緒に観るようにしています。
この回は一緒に見てよかったと思える回でした。
たまにパパがすごく責められていて、心苦しくなる回もありますけど^^;;
仕事から疲れて帰ってきて、愚痴を聞かせるのも悪いな〜と思って控えていたけど、たまには私の愚痴も聞いてもらおう。
今までは主人の愚痴を聞くだけだったけど、私の愚痴も聞いてもらおう!うん!

 

愚痴だったり、一人で家で過ごす時間だったり、ショッピングだったり、ストレス発散方法は人それぞれだけど、それをパートナーと共有しておくことで、より簡単にストレス発散できるようになるんじゃないかと思いました。
今日、主人が一人の時間をくれたことも、私のエネルギーをチャージしてくれました。
自分から半ギレ(笑)で「お一人様満喫してくる!!」と家を飛び出すようにしてストレス発散するのとでは、なんて言うか、エネルギーのチャージ量が違う気がします。
子育てって、子供が泣くと舌打ちされたり、いろいろ憂鬱になることが多いけど、やっぱり娘は可愛くって、主人も娘を可愛がってくれる姿を見ていると、憂鬱なこともあるけど頑張ろうって思えます!
また明日からワンオペだけど、頑張れそうです!!

 

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ