お弁当作ろう・・・!!

2018年7月5日

先日のお姑さんと会うミッションは、無事終えることができました。
帰省すると数日一緒にいるからでしょうか・・・。
何かしら衝突があるのですが、ちょっと会ってすぐさよならという具合なら気持ちよく一緒にいれるということがわかりました^^;;

 

何事もなかったとは言いませんけどね(笑)
今回は「お弁当を作ってあげてほしい」と言われました〜。
はい。私、お弁当作っている体でこのブログを書いていました。
見栄を張っていたのですが、すみません、お弁当は作っていません。
主人には毎日、大きめおにぎりを二つ持たせております。



というのも、お弁当作るのは面倒で。。^^;;
お弁当も作らない専業主婦というのは叩かれるんじゃないかという気もしていました。
専業主婦=毎日お弁当を作って当たり前、という思い込みがあったんですね。。
産後は頻回授乳による睡眠不足でお弁当を作る気力もなく、おにぎりも作っていなかったのですが、ちょうど一年前くらい、ちょっと夫婦仲に希望が見えた頃あたりにおにぎりを作るようになりました。
そのきっかけもお姑さんで、私に直接ではなく私の母を通じて「おにぎりだけでも作ってあげてほしい」という要望を告げられて、作るようになったのでした。
直接言えばいいのに母に言わせるなんて!とその時はすごく腹が立ったのを覚えています。
母にも八つ当たりで「お姑さんに何か言われたら直接言えって言っといて!」と怒りました。
腹は立ったものの、頻回授乳ではなくなって睡眠不足も解消されていたし、主人との仲も回復しつつあったので、「おにぎりくらいなら」とすんなりやることが出来たのでした。

 

もともと結婚した時に、主人はお姑さんに「うどんちゃんに何か言いたいことがあっても直接は言うな」と釘を刺してくれていたらしいんですね。
結婚式を挙げて数ヶ月で私は仕事が忙しすぎて鬱になったので、それもあっての言葉だったんだろうと思います。
ありがたや、ありがたや〜!!
でも、その言葉はもう何度も破られていて、お姑さんは私と二人きりのタイミングを見計らって何かしら言ってくるんですよね〜^^;;
しかも、「○○ちゃんは、うどんちゃんには直接言うなって言うんだけど〜」とか「○○ちゃんはうどんちゃんの事を思って言えないと思うから私が言うんだけど〜」とかの前置きつきで。
どうしても仕方なく、とか、私の考えじゃなくてあくまでも主人の考え(お姑さんの想像上の)として伝えてくるところがやっぱりちょっと引っかかるんですけどね。。
まぁまぁ、年に数回しか顔を合わせなくて、年賀状とお中元・お歳暮のやりとりくらいなので、そんなに苦じゃないです。
言われた瞬間はすごくイラっとするけどw



で、今回、お弁当を作るようにと言われたわけですが、お弁当、これからは作ろうと思います!
朝早く起きてやるのは私には難しいけど。
夜のうちに晩御飯の一部と常備菜を詰めるくらいだったら出来そうなので。
なんとなーく、お弁当=朝早起きして作るものだという意識があったのですが、ナマモノじゃないし夜詰めても問題ないよね?
これから暑くなるから気をつけないといけないけど。。

 

今回またすんなり受け入れることができたのも、これまた夫婦関係が良くなったからでしょうね〜。
「おにぎりを作って」の前に、お弁当を作ってと言われたこともあったけど、無理、とバッサリ断っていたんです。
でも今回お姑さんの「お弁当を作ってあげて」はそんなに反発するわけでもなく「うん、今なら出来そうだな」と思えたんです。
それは、娘が成長して朝ごはんの間、付きっきりじゃなくてもよくなったこととか、常備菜を作るようになってお弁当のためにイチから作らなくてよくなったとかもあるんですが、きっとそれだけじゃないと思います。

 

というわけで、今週から主人のお弁当作りがんばります!!
まずは週3日作れたら、及第点かな〜。

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ