女性のバイオリズム

最近は、SNSなんかで生理やPMSの症状などについての情報が手に入りやすくなったこともあり、私の子供の頃に比べると、理解も進んでいるのかなーと思います。
しかし、そもそも興味がないとそういった情報も届かないのかもしれないと、今回この記事を書くことにしました。

 

私自身、PMS(月経前症候群)がひどく、レディースクリニックに通って薬を処方してもらっています。
私に起こっていたPMSの症状は、

  • イライラしたり、気分が沈んだりする
    今起きたこと以外にも、過去に遡ってモヤモヤすることが多かったです。
    私の場合は、母の言動など。
    しばらく連絡していないからきっと怒っているだろう、だからしばらく電話がないんだろうなど、母からは何もアクションがないのにも関わらず、被害妄想に苦しんでいました。
  • 我慢がきかない
    普段は我慢できていることが、自分の中で制御することができず、グチグチ言ってしまったり、爆発してしまったり。。
  • 頭痛、肩こりがひどくなる
    身体が重くて仕方がないというくらい、全身ガッチガチになっていました。
    血行が悪くなるのかな・・・??
    肩こりが原因で、頭痛も酷かったです。
  • ひたすら眠い
    寝ても寝ても眠い、という状態でした。
    常に横になっていたい。しかもこれは、生理中も続きました。
    常に眠いし、いくらでも寝られるという感じ。



こんな状態なので、身体はだるいし重いし、精神的にも不安定。
家事はもちろん出来ないし、日常生活そのものが危うい感じです。
このままでは子どもに理不尽な八つ当たりをしてしまうようになってしまうのが怖くて、病院に行きました。
今は薬を飲んでいて、生理も3ヶ月に一度、身体はちょっときつくなるけど前ほどではなく、出血もほぼないし、被害妄想に苦しむこともなくなりとても快適です。
本当に厄介なものですよね。。
自分の身体のことながら、毎月のことを薬を飲まないとコントロールできないということに面倒くささを感じます^^;;

 

情報が手に入りやすくなったとはいえ、女性本人が身体の不調がPMSで起こっているという自覚がない場合もあるんじゃないかと思います。
私自身、イライラするのや不安定になるのがPMSかも?と気づいたのは、産後に症状がひどくなってからでした。
産後はPMSが軽くなる人、重くなる人、それぞれだそうです。
もし定期的に不安定な時期がくるのなら、病院に行って相談してみるのもいいかもしれません。



さて、今日この記事を書いたのは、男性パートナーにもぜひ女性のバイオリズムについて知ってほしいなと思ったからです。
衝突しやすい時期が定期的に訪れていたり、していませんか??
昨日はあんなに機嫌が良かったのに、今日はなぜかすごくイライラしているな、なんだか当たりが強いな、普段は何も言われないのに今日は、とか・・・。
というのも、私が幼い頃、生理についての知識もない頃、母にそんな風に感じていたんですよね。
今なら、もしかしたら母はPMSや生理が重くてイライラしていたのかも・・・?と、想像することができます。
PMSや生理を言い訳に、人にきつく当たっていいとは思いませんが、イライラしている原因が自分にはないということがわかっていると、ちょっと気持ちが楽だったりするかな、と。
幼い頃の私は、自分は悪くないのに私が母をイライラさせているのかも、とビクビクしていましたから。

 

それから、女性には更年期という時期もあります。
閉経前後5年のことを呼ぶそうで、女性ホルモンの分泌が減少して自律神経が乱れ、さまざまな不調が現れます。
こういったバイオリズムについて、少しでも知識・理解があると良い夫婦関係を築く上でのヒントになるかもしれないですね。

 

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ