旦那さんを褒めて褒めて褒めまくる

2018年4月18日

椎名林檎さんが出るというので久しぶりにスマスマを見ました。
こんばんは、うどんです。
そんなにSMAPに興味はないのですが、今年の紅白に出るかどうか旦那さんと賭けているのでその点に関しては興味津々です。賭けているのは「新年初!娘のほっぺにチューの権利」です!

そんな感じで最近は仲良くしております。
家事もそこそこ頑張って、大掃除も一人でコツコツ進めております。
旦那さんは仕事が忙しくて、土日出勤もしてあんまり家にいません。
家にいてもほとんど寝てますし。
でも、うまくいっております。



褒めて褒められる

今も「新・良妻賢母のすすめ」の教えを続けています。
前回の記事から10日ほど経過していますが、今、「これが一番!」と思うステップについて書きたいと思います。
それはズバリ、旦那さんに感謝して称賛することです。
一番、と言っておきながら、2ステップなんですけど。。
前回効果があると挙げたステップも、確かに効果はあるのですが効果が見えにくいんですね。
家で会話が増えたとか、LINEしてくれたとか。
多分それらは、私が実行したステップ全てに対する効果なんだと思います。
効果が見えにくいために、落ち込んだ時には「私は頑張ってるのに」と思ってしまうことがありました。

でも、「旦那さんに感謝して称賛する」というステップには、明らかにこの行動に対する効果があります。
それは旦那さんも感謝し褒め返してくれるということ。
「仕事いつも頑張ってきてくれてありがとう」「うどんちゃんも、家事と育児いつもありがとう」、「お皿洗ってくれてありがとう」「ご飯ごちそうさま。美味しかったよ、ありがとう」てな感じで、お互いにありがとうを言いまくっています。

そして最近は旦那さんから私に褒めてもらおうと「ねぇねぇ、僕、今日洗面所掃除したんだよ〜!」と自分から報告してくれます(可愛い旦那さんでしょ?笑)
そんな時は大袈裟ってくらいムツゴロウさんばりに褒めちぎって、それから「実はね、私もコンロ周り掃除したんだよ〜!」って私も褒めてアピールして褒めてもらってます。
お互いにお互いを褒めあって、お互いに気持ち良くなる。
私たち夫婦の仲良しの秘訣です。



でも一体、何を褒めたら?

そんなこと言ったって、褒めるところなんてないんですけど。。と思われるかもしれません。
関係がうまくいっていなかった時は、私もそうだったんですよね。
褒める点はなんでもいいのですが、「新・良妻賢母のすすめ」には男らしい点を褒めろ、とあります。
私はまず、旦那さんのことをよく見て、旦那さんの話をよく聞くことから始め、発見した男らしい点をノートに書き出していきました。

観察を始めた頃、ノートに書いていたのは「筋肉がある」とか「手がゴツゴツしている」(手フェチで男らしさをそこに感じたので。笑)とかしょうもないことばかりでした。
さすがにそれをそのまま褒めたりはしませんでしたが。。
荷物を持ってくれたり、娘を長時間抱っこしてくれたりした時に、「力持ちだね」「私はそんなにできないよ」と褒め続けました。

しばらく続けていると、最初は意識して探さないといけなかったのですが、探さなくても気がつくようになってきました。
そして、今に至ります。
なんだか抽象的な内容になってしまいました。。
まだ元通りのラブラブには程遠いですが、これからも旦那さんを褒めまくって仲良くしていきたいと思います!

 

にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ