否定しかしない両親

あっという間に12月ですね!年賀状の準備をしなければ。。
それからクリスマスプレゼントの準備も!
今年は娘に何をプレゼントしようか、主人と相談したいのですが、最近また仕事が忙しくてあまり話せておらず。。
寒くなってきたし、ちょっと寂しいです><
もう少し、実家でのことを吐き出させてくださいね^^;;

 

毎回、今回こそは上手くやれるかもしれないと思って帰省をしているのですが、やはりうまく行かないもので、母とはお互いにもううんざり、といった感じで別れてしまいます。
娘は食べムラがあり、野菜もあまり食べません。
いつもは食べるハンバーグも、気分によっては食べないし、いつもは食べない野菜も、気分次第では食べたりもします。
そんな孫を見てやはり母は「あなたの怠慢、努力が足りない」と言うし。。
そんなこと、絶対お嫁さんに言うなよ、と言えば「人には言わないわよ」とのこと。
人に言わないことは自分の娘にも言うなよ。。

やはり母は、私のことを自分の支配下にある人間、自分が言えば言う事を聞くものと思っているようです。
一人の人間として認められたいんだけどな。私、もう30過ぎだよ。。
と、もう60も近い母にそれを言っても変わるはずがないし、諦めていますけどね。
自己肯定感の問題は、自分でどうにかするしかないと思っています。

 

私がお風呂に入っていたりで、主人が一人になったタイミングを見計らって、両親は私のことについて主人に話していたりもするんですけど、その内容もまた私の否定ばかり。。
「本当に気が強くて大変でしょう?」とか「尻に敷かれとらんね?」とか。
これも昔からなんですが、父は私のことを小馬鹿にして笑いを取りにいこうとするんですよね。
私としても全く面白くない上に、ウケも取れないんでそれもまた嫌で。。
救いなのは、そういった話を両親に振られても、主人は話には乗らずちゃんと否定してくれるところです。
義理の両親の手前、話に乗った方が楽だろうに、ちゃんと否定して私の味方についてくれます。
ありがとう〜・・・それだけで私は救われるよ〜><

私が両親のことを毒親だと思っているということは、母や父には絶対わからないだろうなと思います。
彼らは、自分の望むもの、認めたものしか受け入れないんです。
母は母が望む回答、というか共感しなければ「あんたはおかしい!」と言い不機嫌になりますし。
きっと私が両親を毒親と思って距離を置きたがっていると知ったら、「親不孝もの」とか「育ててもらった恩を忘れて」とか言われるんだろうなぁ。(これは私の妄想ですけどw
「感謝の気持ちが足りない」とか、まぁ今までも何度も言われてきました。

 

感謝してないわけじゃないし、都度都度お礼もしているんだけど。
そもそも自分たちが望んだ感謝の方法を前提にしていたり、お礼に何か見返りを求めていたりということが多くて、それは感謝のうちに入らないらしい。
もう何もしないで欲しいんですよね、私は。。
別にお願いしてもいない地元の特産品とか、それはそれで有り難いけど、しんどい。
母が詰めた荷物に、母の重たい手紙(寂しいとか具合が悪いとかいう内容)とか入っていると本当にもうしんどい。
手紙は精神的にもダメージが大きいのでやめて欲しいけど、やめてとも言いづらいので困っていたりしますね;;

そんな感じで、実家に帰ると帰省中にされた嫌なこと、過去にされた嫌なこと、今後の行動でされるかもしれない嫌なことが、頭の中をぐるぐるしちゃって気持ちが落ちがちです^^;;
3つ目は、私の妄想なので、妄想にショックを受けているというおかしな状況だとはわかっているんですけどね^^;;
2つ目は私のインナーチャイルドを癒す、過去の自分に寄り添うことが出来ていけば、だんだんどうにかなるものなのかもしれません。
1つ目はもう、帰省しない、距離を置くというのがやっぱり一番かなー。
地元に会いたい友達はたくさんいるんだけど。。

 

この苦しみって卒業できるものなんでしょうか・・・。
先はきっと長いですよね。
私がやらなければいけないことは、自分の子供に同じ思いをさせないように、毒親の連鎖を断ち切ることかなと思います。
これまた難易度が高いんですけどね;;;

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ