父親不在の育児はいやだ!!

ご無沙汰しています。
あっという間に12月も中旬になってしまいました^^;;
12月に入ってから、主人の仕事がまた忙しくなっており、土日の出社がある状況が続いています。
もちろん、夜も終電での帰宅が多く、コミュニケーション不足です。

 

顔を合わす時間が少ない上に、朝もバタバタと出社するのでそもそも会話が全く出来ておらず、LINEを送っても返信する暇もないから私の一方通行で、ヤキモキする日々が続いていました。
その間も幼稚園のプレ保育の説明会があったり、療育に通うための書類作成があったり、なんだかんだ主人と相談したいことがどんどん溜まっていきました。
大事な話はできればLINEじゃなくて、直接話をしたいと思っていたのですが、なかなか捕まらず。。

主人の身体が心配というのはもちろんなのですが、私のモヤモヤポイントは他にありました。
「仕事を理由に育児に不参加なことを仕方ないと諦めている(ように見える)こと」
私の不満はここにあったんです。
本当に仕方ないのか?というと、私にはそうは思えなくて。
確かに、今の我が家は主人が稼いできて生活が成り立っています。
とはいえ、だから育児については全部家にいる私が責任を負わないといけないとは思えない。
稼ぎの有無は関係なく、子育てにおいては親である二人ともに責任があると考えます。

 

家に居ないこと、育児に関わらないことを当たり前にしないで欲しい、関われていない現状は問題だと認識して欲しい、そんな思いが爆発してしまって、今回久しぶりに泣きながらの主張をしてしまいました。
主人から、話している最中に泣くのはやめてくれと言われているのですが;;
思い詰めすぎると、どうしても勝手に涙が出てしまって、制御することが出来なくなってしまうんですよね。。
一応、必死に泣かないように我慢しようとはしているのですけど。。

特にこの話に解決方法とかはないのですが、一旦私の気持ちは主人に伝えることができたので、今後どうするかはまた仕事が落ち着いてゆっくり話せるようになってから話せたらなぁと思います。
この辺の価値観は夫婦でのすり合わせが必要なことなのですが、私たち夫婦は産後クライシスに陥ったことにより、この辺のすり合わせが出来ていませんでした。
でも、今こうやって、すり合わせを改めてやろうと思えているのも、産後クライシスに陥ったおかげなのかもしれません。
なぁなぁになって、幼稚園や学校行事・習い事などこともの事は全て母親が管理!ということは私は避けたいので、主人にも積極的に関わってもらえるよう、すり合わせしていきたいです。

 

一昨年?くらいに流行ったドラマ逃げ恥でも言ってましたよね。
「夫も妻も共同経営責任者」
まさにその通りだなぁと思う、今日この頃です。

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ