ブログの中毒性

前回の「すくすく子育て」についての記事、たくさん反応ありがとうございます!
やっぱり反応をもらえると嬉しいですね^^
いい機会なので、私がブログを書く上で気をつけたいなと思っていることを今日は書きます。

 

私がブログを書いている理由としては、セックスレスで悩んだ経験やレスする側の思いを書くことで、同じように悩んでいる方へのヒントになればいいな、という点が一つです。
それから、自分自身の考えをまとめるため。
正直に言えば、せっかく書くのだから、収入にも繋がればいいなというのも一つ。(サーバー代くらいしか賄えてないですが笑)
PV数とかランキングとかコメントというのは、私がブログをやる理由には含まれてはいないんですよね。
だから、それらが貰えなくてもブログをやめないんですけど。。

でも、貰えると嬉しい。とっても嬉しいです。
書いた記事について、コメント貰えると嬉しいし、それでランキングが上がると嬉しい。
自分が、自分の気持ちや頑張りが、認められたような気分になるんですよね。
自己肯定感の低い私にとって、誰かに認められることってとても重要なことで、自分が満たされるような気持ちになることもあります。

 

気をつけたいなと思っているのは、ブログの反応にのめり込んでしまうこと。
ブログの反応によって、自分が世間から承認されたような勘違いを起こしてしまいそうになるんです。
私の考えや頑張りは、世間に認められているのに、どうしてパートナーは認めてくれないんだ、わかってくれないんだ、パートナーがおかしい、世間一般からやっぱりズレているって。
ごく少ないブログ読者=世間一般になってしまうところが、また自分でも怖いなぁと思っていて^^;;
主人を、自分を、娘を、家庭を大事にしたい、ちゃんと向き合いたいと思って始めたのに、そこからも遠くズレてしまって。
挙句、パートナーを攻撃してしまうような気持ちを抱いてしまっているし。。

確かに、認めてもらえることって嬉しいんだけど、本当に私を、私の頑張りを認めて欲しいのは、主人だったり、親だったりするんです。
(親には今更無理なので、そこは過去に遡ってインナーチャイルドを癒すしかないのですが・・・)
そこは本来、ブログに反応があったからといって埋まるものじゃないのですが、埋まったような気持ちになってしまう。
全然別物なのに「認められた」と勘違いをして、現実から目を逸らしてしまう。
FacebookやInstagramなどのSNSで承認欲求を埋める行為と同じで、中毒性があるんですよね。
そこをしっかり認識しておかないとなぁと、いつもより反応がもらえると身を引き締める思いになります。

 

今回は、私が自分への戒めとしての記事でした。(すみません、つまらないですよね^^;;)
日々思ってはいたものの、忘れないように&考えをまとめるために、一度記事にしたかったので、今回書けてよかったです。
いつも読んでくださってありがとうございます!

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ