成育医療センター付添入院レポ【病棟&ルール編】

2018年6月10日

成育医療研究センター付き添い入院レポ第一弾は、病棟設備&ルール編です。
個室ではなく大部屋でしたので、ベッド周辺の設備は大部屋の情報だと思って読んで頂ければと思います。

テレビ&DVDプレーヤー

各ベッドに1台ずつ備え付けてあります。
テレビカードが必要で、1,000円で15時間程度観ることが出来ます。
注意しないといけないのは、DVDプレーヤーを利用するときもテレビの電源を入れる必要があるので、カードを消費するということです。
朝と夕方、各1〜2時間ほどEテレを視聴し、お昼に1時間ほどDVDを観るという生活で、2週間でカード3枚買いました。
テレビカードは精算することができ、私の場合は420円分戻ってきました。

 

付添者用簡易ベッド

5Fにある売店で付添い用の寝具を借りることができます。
一泊300円くらいだったはず、、
はっきりしなくてすみません。
この5Fの売店が閉まるのが早くて、看護師さんに早く行け行けと入院初日はかなり急かされました。
簡易ベッドは各病棟ベッドの側にある面会者用の椅子を組み合わせてベッドにします。
椅子を組み合わせたベッドなので、ご想像の通りチャチなものです。
寝心地の良さなど求めてはいけません。
床じゃないだけマシ、そう思いましょう。。

 

ベッドにした状態で、縦幅は160cmほどの私が寝てギリギリです。
多分、170cm後半の身長のお父さんが寝ると、足がベッドからはみ出すでしょう。
横幅は、仰向けに寝て腕を「気をつけ」の状態にすると、ベッドから腕が落ちてぶらぶらなる感じです。
腕は胸で組んで寝ましょう。
寝返りするたびに目が覚めます。
更に、掛け布団は椅子の幅+5cmくらいの幅しかないので、横向きに寝ると掛け布団の幅が足らず背中なりお腹がでます。
仰向け寝がオススメです。



チェスト

テレビの下がチェストになっており、荷物はここに入れることになります。
が、全然入りません。
私の場合は2,3泊用のスーツケースにほとんどの荷物を入れていました。
チェストに入れていたのは、娘のオムツとタオルやパジャマ、洗面用具、母子手帳などの書類ケースくらいです。
側面にタオルかけがついていたので、S字フックをかけてビニール袋をゴミ入れにしたり、スタイを干したりして利用しました。

 

飲食禁止

最近になって、お茶と水がOKされたというレベルで飲食禁止です。
なので食事をする場合は、B1Fか5Fに行かなければいけません。
病棟に依るのかもしれませんが、ペットボトルのジュースを知らずに持って入ったことがあったのですが、特にお咎めはありませんでした。
とはいえ、禁止となっているのでお茶と水以外の持ち込みはやめた方が無難です。

 

が、ちょっと役に立つのがマグボトル
外から見ても中に何が入っているかわからないので、私はよくコーヒーを入れて病室に持って行っていました。
ベッドがアレですし夜泣きが聞こえたりで眠気は常に襲ってきますからね。。
こぼさないように注意してください〜!

電源利用禁止

なんと、成育医療センターの大部屋は病棟内の電源利用はできません。
個室はテレビも無料、電源利用も可なようです。
貧乏人に厳しい。。
スマホ等の充電は売店で充電器を買ったり自前で用意したりしないといけません。
初日に売店で充電器を購入しましたが、10%→80%くらいまでしか充電できませんでした。
なので売店の充電器及び電池の購入はオススメしません。
私はモバイルバッテリーや電池式充電器+エネループ、更に下記のすり抜け方でなんとかしのぎました。

 

ベッド側の備え付けのDVDプレーヤーにUSBポートがついており、こっそり充電に使えます。
このDVDプレーヤーでの充電は限りなく黒に近いグレーなので、私は注意されませんでしたが注意されたら速やかにやめましょう!
・・・DVDプレーヤーは黒いのでケーブルは黒が目立たなくていいと思います(笑)
それから次回の記事で書く予定ですが、シャワー室では電源利用が可能です。
週に何度かシャワー室を利用し、モバイルバッテリーエネループを充電させてもらいました。
あ、もちろん、ここで設定方法は書きませんが、スマホは省電力モード設定にしました。
これだけで全然電池の持ちが違うと思いますよ!

【2017/05/12追記】なおさん情報ありがとうございました!
ケータイの機種や、DVDプレーヤーによっては充電が出来ない場合があるようです。
おそらく供給電力不足だと思います。。
なので、DVDプレーヤーでの充電は当てにしないほうがいいかもしれません。
グレーゾーンですしね^^;

こちらの記事も合わせてどうぞ!

にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ