「結婚はゴールではない」は真実

2018年4月18日

旦那さんは今も塞いでいて、相変わらずです。
でも今朝一方的に話しかけていると相槌は打ってくれるようになったので、少しだけ状態はよくなったのかもしれません。
まぁ、私たちがどん底にいることには変わりないのですが。。

今回の喧嘩?を経て(未解決だけど)、「結婚はゴールではない」ということを実感しました。
この言葉、よく耳にするし言われることではあるけれど、そんなに私の心に響いていなかったみたいです。
長い交際期間を経て、その間国境を跨いだ遠距離恋愛もしての結婚だったし、紆余曲折あって結婚にたどり着いたという意識がありました。
ジェットコースターに例えるなら、結婚は終点にあるイメージでした。



が、実際は結婚した時点ってまだ最初の山も登りきっていないところだったのだな、と。
あぁ、これから紆余曲折、二人で乗り越えていかないといけないんだな、としんみり思ったりしました。
今まさに最初の山を降っているところかしら?
これからまだまだ長いんだなぁ、何度も同じように仲が良い時と、喧嘩して家庭内別居しているような時を繰り返していくんだろうなぁ。
そんな風にこの先を思うと、頑張ろう、と思えました。
だって、また幸せだなぁってしみじみ感じることが出来るようになるんだから。

旦那さんのことは、完全に信じることはまだ難しいです。
信じたいのに信じられないって、本当に辛いです。
財布のコンドームのことはうやむやになってしまったけど、旦那さんが違うと言っているのでその言葉を信じる努力をしてみます。
まだ旦那さんのことを信じたいと思えるんだから、私はきっと大丈夫です。
まだ頑張れます。

にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ