話し合いの内容

2018年4月18日

長く時間が空いてしまいましたが、前回の続きです。
今回は話し合いの内容について書きたいと思います。
話し合いというか、セックスレスを改善するための私の提案です。

私の提案内容とは、「週に1度、この曜日と決めてセックスをしないか」ということでした。
GWに話し合いをしてから2ヶ月、話し合い直後のぎこちなさがなくなって、ボディタッチやいってらっしゃいのチューが復活したものの、このまま自然にそれより先に進むのは難しいと感じていました。
ボディタッチも恐る恐るという感じでしたし、いってらっしゃいのチューはフレンチキスであっさりとしたもの。
お互いに踏み込んだ話もせず、なあなあになっていたのでいっそのこと、「この日にやろう!」と決めてしまえば、現状打破できるのでは、という思いからの提案でした。



何より私は家族バラバラになりたくない、なりふり構っている暇はない、と藁にもすがる思いでした。
欲を言えば、二人目の相談もしたい。
・・・でも、今の段階では時期尚早、私も30代になりリミットが近づいているのですがこの話は、今回の提案がうまく行った後、二人の間に愛情が戻った後に、、と思っています^^;
セックスをすることで、愛情ホルモンであるオキシトシンが分泌されるのでセックスをする→愛情が感じる→セックスをする→愛情を感じる・・・といいサイクルが生まれるのでは、と期待しています。

それから、私が嫌だなと思っていた娘の横で行為をすること。
これはやっぱり嫌だということを伝え、寝室じゃないリビングの方にセックスできる環境を作ることを提案をしました。
マットレス買ったり、ソファベッドを置いたり、と私は思っていたのですが、一旦それらの購入は保留にして(うまくいかなかった時に、それを見るだけで辛くなるので)、昔使っていた敷布団を使うことに。
運用開始後(言い方が仕事みたいですが笑)、2ヶ月毎に見直し・振り返りの機会を設けることを約束して、私の提案は受け入れられました。



元はと言えば、私がセックスを拒み続けたことが原因の私たちのすれ違い。
提案するのはとても勇気がいったけど、今は一歩を踏み出してよかったと思えます。

 

にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ