私と旦那さんの関係(その1)

2018年4月18日

私と旦那さんの関係(その1)

旦那さんとの慣れ初め

前回ブログについての説明で、私について紹介させていただきましたので今回は旦那さんと慣れ初めについて紹介したいと思います。
こんな夫婦について書いてあるブログなんだーと想像していただければ!

5歳年上の甘えん坊

私の旦那さんは私より5歳年上です。
大学のサークル活動で出会いました。
私の入学時には先輩でしたが、一緒に卒業しました。
まぁ人生色々ありますよね(笑)



旦那さんの第一印象は、「笑顔が可愛い!」です。
可愛い系で可愛い笑顔、お願い上手な甘えん坊(特にお酒が入ると甘えん坊度合いがすごい)。
でもサークル活動中はとてもカッコイイし頼りになる。
ギャップ萌えです。
私のことをよく可愛がってくれたので、私はとても旦那さんに懐いていました。
ファンというか、憧れというか、出会った時からなんとなく特別な存在だったなぁと思います。
とはいえ、自分が付き合うとかは全然考えておらず、仲良くしてもらえるだけで十分と思っていました。

 

そんな感じで恋心に似た感情を旦那さんに抱きつつ、住む世界が違う人と思っていたので、私は他に彼氏がいて、旦那さんは旦那さんで彼女がいました。
交際が始まったのは大学四年生の時、サークル活動が盛んになる学園祭シーズンに旦那さんから告白されて付き合い始めました。
ちなみにその時、旦那さんには別れてもらえない押掛け女房の彼女がいました。。(私は2年付き合った彼氏にフラれて自由を満喫していました。)

 

卒業して二人とも上京し、押掛け女房とは遠距離に。
押掛け女房が勝手に実家に現れたり、東京まで追っかけてきたり、別れるのは大変だったみたいです。
その時、押掛け女房は三十路でした。
今、30代になってあの頃のことを思い出すと、押掛け女房も必死だったんだろうな。。
彼女はその後、他の人と結婚したそうです。

 



同棲開始とセックスレス

話を私たちに戻しまして、上京して2年目同棲を始めました。
理由は旦那さんの会社の寮が遠くて、私の家に入り浸りになっていたから。
一緒に住むならもう少し広くて、通勤も楽な場所に住めるので同棲することにしました。
同棲を始めた頃のセックス頻度は週に2〜3回、二人とも激務だったけど多少寝不足になっても充実した夜の生活を送っていました。

 

同棲を開始して2年目頃かな、多分。一度、別れ話をされたことがあります。
「もっとエッチしたい。回数を増やせないなら別れたい。」
寝耳に水と言いますか、私は何も問題なくうまくいっていると思っていたので衝撃でした。
確かに、同棲開始の時ほどセックスはしておらず、週に1回あるかないか。
私は満足しており、旦那さんのお誘いを何度か断ったりもしていました。
断っていた理由は、疲れていて眠い、痛い、マンネリ・・・などレスする側の一般的な理由だったと思います。
セックスの回数が少ないから別れたいと言われ、私は別れたくなかったので「じゃあ、回数を増やしましょう」ということになりこの場は収まりました。

 

この時にとった改善案は、下記の3つです。

  • 早めにベッドに入る(スマホ、TVで夜更かししない)
  • ローションの使用と避妊方法の見直し
  • 私の気が乗らなくても応じる、極力断らない

結果、回数は週1〜2回に増え同棲開始時と同等とは言わないまでも増え、破局の危機は去ったのでした。

長くなったので今回はここまでにして、次回、遠距離から現在までを書きたいと思います。次の記事はこちら

 

にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ