夫に子供を託して美容院へ

2018年4月18日

3連休は4ヶ月ぶりに美容院に行って、髪を綺麗にしてもらってきました!
今まで胸下あたりまであった髪をバッサリ鎖骨(埋まってて見えないけども)くらいまで切って、さらにカラーも今まで挑戦したことがなかったマット系の色にしてもらってイメチェン完了です!
主人にも好評で、顔を見るたびに「その髪型似合うねぇ」「可愛くなったねぇ」と嬉しいことを言ってくれます^^

 

私が美容院に行っている間、主人は娘を見ていてくれました。
今回は美容院が混んでいて4時間以上かかったので帰りが20時を超えてしまったのですが、一人で夕飯を食べさせお風呂に入れてくれていました。
見てくれる時、いつも主人は「安心して行ってきて」と言って送り出してくれて、帰ってきたら「大丈夫だったよ!」と言ってくれるので、私もリフレッシュすることができています。
帰ってきてからの「大丈夫だったよ!」はまぁ部屋のいろんな状況から判断するとちょっと大変だったんだろうな、と思うのですが(笑)
そこは気づかないふりをして「さすがだねぇ。ありがとう」と言うようにしています。



と、今はこんな感じに穏やかになったのですが、ちょっと前まではこうはいきませんでした。
夫婦仲が冷めきっていた産後クライシス状態の真っ只中、1日リフレッシュさせてくれ!と主人に娘を押し付けて、一人出かけたことがありました。
その時は、まだ娘も主人も寝ている間に出かける準備と洗濯などの家事を片付けて、そろそろ娘が起きるかな、という時間に「じゃ!行ってくるから!」と半ば家出のようにして家を飛び出していました。
家に帰りたくなくて、娘が寝ている時間まで喫茶店で時間を潰しました。
私が帰宅して主人が「大丈夫だったよ」といえば、「私は毎日毎日大変だと思って育児してるのに、涼しい顔をしてムカつく」と口には出さなかったけど思っていました。

 

あの頃は本当に心が荒んでいたなぁ。。
頼りたいのに頼れない存在になってしまった主人に辛く当たって、主人の態度は冷たくなって、さらに関係が悪くなって。
育児で頼れる人は周りには主人しかいないから、私もどんどん一人きりになって孤独を感じて行き詰まって。
悪い方向への無限ループが出来上がっていました。
もう少し、主人との関係がよくなってもっといろいろ話せるようになったら、あの頃の自分の行いを主人に詫びたいです。

 

にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ



日記

Posted by うどん