友人や親に見栄を張って

2018年4月18日

今週末に共通の友人夫妻と久しぶりに遊ぶ約束をしました!
週末は雨の予報だけどあまり降らないといいなぁ。
とても楽しみです!と、主人と仲良くしている今、友人と会うことは全く苦ではないのですが、主人とすれ違っていた頃はとても苦痛でした。
できれば人に会いたくないなぁとまで思っていました。

 

私たちが結婚して妊娠発覚した頃から、ちょうど周りも結婚ラッシュでした。
私たち夫婦は大学のサークル内で出会って結婚したので、サークル仲間が結婚式に招待してくれる時は、必ず夫婦二人セットで招待されます。
そこで懐かしい面々と久々の再会を果たすわけですが、みんな、付き合う以前や付き合ってからの私たち夫婦の仲の良さを知っているわけです。
後輩の中には「理想のカップルです!」と言ってくれた子もいて、現在の偽りない姿を見せるわけにはいかない、何とか前と変わらない関係であるように振る舞わなければ、と思っていました。



主人と話を合わせて会場に向かったわけではないのに、どういう訳か会場内での私たちの息はピッタリ。
まさに絵に描いたようなおしどり夫婦を二人で演じていました。
主人も今の状況を人に見せるのはまずい、と思っていたのでしょうね。
家の中ではほとんど会話もなかったのに、人の前ではお互いを褒め合いました。
終わった後は元に戻ってしまって、その落差に虚しい気持ちになったものです。
実家に帰省するときも同じ。
両親に不仲であることを悟られないように振舞いました。

 

結局、今も私は友人にも親にも誰一人として主人とのことを話せずにいます。
吐き出しているのはこのブログだけ。
私たち夫婦はずっと仲が良かったということになっています。
何でも話していた女友達とランチに行っても、主人の愚痴も言わずずっと仲が良い振りをしてきました。
それがまた苦しくて苦しくて。
「本当は全然違って、会話もなくて家庭内別居みたいな状態なの」と言ってしまいたかった。
プライドが高いのか何なのか。
誰かに相談していたらもっと気持ちは楽になったのかな。



そういえば私の両親も、家では物が壊れるような喧嘩をしていたのによく「うどんのとこのお父さんとお母さん、仲良いね」と言われていました。
夫婦ってそういうものなのかな??
確かに外に向かって不仲をわざわざアピールする必要はないですもんね。
普通、なのかな。私たち夫婦も。

 

にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ