心に余裕をと言うけれど。。

2018年4月18日

ここ最近、平日は毎日更新を目指して記事を書いているのですが、今のままでは苦しくなる一方だな、と感じています^^;
もともとあまり文章を書くのは得意じゃない上、読んでくれた人が読んでよかったと思えるような中身のある文章を、毎日同じクオリティでアウトプットするのが難しいです。
なので、今はウェブライター向けの本を読んだり、あとは構成を参考にするために人のブログを読みあさったりしています!
もっといいブログにしていきたいと思いますので、これからもよろしくです!



さて、今日は心の余裕について書きたいと思います。
よく「心に余裕を持って」とか言われますけど、私だって心に余裕があったほうがいいのはわかっているし、出来るのであればそうしたいと思っているから、そういうアドバイスをもらうとカチンときちゃう、落ち込んじゃうってことないですか??
私も、つい最近こんなことがありました。

 

主人と休日に電車に乗って出かけた時のこと。
またベビーカー関連の話になって申し訳ないのですが、帰りの電車で寝ている娘を乗せたベビーカーを押して電車に乗りました。
ちょうどベビーカーや車椅子の優先スペースの車両がある電車だったので、優先スペースに近い出入り口から乗ったのですが、その優先スペースに人が立っていてベビーカーが優先スペースに置けませんでした。
ベビーカーが乗ってきたからと場所を譲ってくれる人もおらず、立っている人はいたけど、体があたるほどは混んでいなかったのもあって、退いてもらうほどでもないかと声を掛けたりもしませんでした。



でもベビーカーが降りる人の邪魔になってしまってぶつかられて、私は段々優先スペースに立っている人たちに腹が立ってきて。
電車降りてからプリプリしながら「優先スペースって認知度が低いのかなぁ!」と主人に愚痴りました。
そしたら主人が上の言葉ですよ。
「もっと心に余裕をもって、そんなにイライラしてもしょうがないじゃない」と。
その通りなんですよ、主人の言う通り。
もっと心に余裕があったら、多分腹も立たなかったし、グチグチ言ったりもしなくてよかった。
主人も愚痴を聞かされてうっとおしいこともなかった。
でも、でもね!心に余裕ってどうやって作るの!!と相当凹みました。

 

言われた時、なんだか悲しくなってきて「私だってそう出来たらいいのはわかってるよ」と一言しか言えませんでした。
それ以上言うと、また泣きそうで;;
結局、立ち直るのに二日くらい要しました^^;
その時に書いたブログがこれですね。
その時は生理前でPMSの症状も出ていたために、必要以上にイライラしてしまったと後になってわかりました。



女性ってホルモンバランスによっても気分が左右されるので、大変ですね。
自分でコントロール出来るならまだしも出来ないし。(PMSは私は低容量ピルを飲み始めて、完全には症状は無くなりませんがだいぶ楽になりました。)
周りにいる人(私の場合は主人)もそれに振り回される形になってしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。。
心に余裕、どうやったら作れるんでしょうか。。

 

一つ、私にあっていると思う心の余裕の作り方はありがちですが、はけ口を作っておくこと。
ブログでもTwitterでも日記でも独り言でもなんでもいいので、「疲れた〜」「悲しかった〜」というような身体の中に溜め込んでおきたくない情報を吐き出すと、吐き出した内容が心からスッと出て行くので、その分ゆとりが生まれる気がします。
心のデトックスですね。
クッションとかを顔に当てて、大きな声を出すのも私は好きです(笑)
ただこのはけ口を人にしちゃうと、はけ口となった人がまた辛いので、人以外にすることをお勧めします^^;
心の余裕の作り方、これぞというものがあれば教えてもらいたいです〜。

にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ