なんて呼ぶ??

2018年4月18日

夫のこと、妻のこと、お互いになんて呼んでいますか??
子供が生まれて、「お父さん」「お母さん」または「パパ」「ママ」に変わったという人も多いんじゃないかと思います。

 

今日は呼び方についてのことを書きたいと思います。
私たち夫婦は、結婚する前から決めていたことがあります。
それはズバリ「子供が生まれても、パパママと呼ばない」です。
主人は結婚しても恋人同士のように変わらずイチャイチャラブラブしたい、とずーっと私にそう言っていました。
その主人の希望を妊娠後叶えることができなくて、離婚がちらつくような夫婦関係に陥ったくらいの、強い希望です。



パパママ呼びをすることで、子供の親であることが第一、夫婦であるという意識が薄れてしまうのではないか、と。
私の両親もお互いのことを「お父さん」「お母さん」と呼び合っています。
私たち兄弟がそれぞれ結婚して自立した今でも。
日本ではそう呼び合っている夫婦が多いんじゃないかと思います。

 

名前を呼ぶことって、特に意識をしたことはなかったけど考えてみると重要なことですよね。
友人ともあまり仲が良くなければ、苗字で呼び合うし、仲良くなり始めると下の名前やあだ名で呼んだり、その人との距離感を表すメーターの役割も果たしていると思います。
じゃぁ、夫婦やカップルの場合はどうなのか。
熟年夫婦にありがちな呼び方(イメージ)、「おい」「お前」「あんた」、ちょっと夫婦の上下関係が垣間見えているようでいやだなぁ。
若いカップルにありがちな呼び方(イメージ)、「ダーリン」「ハニー」「ピッピ」、ちょっと浮かれている感じが恥ずかしいなぁ。
反面、「おとうさん」「おかあさん」は夫婦としての安定感はありますよね。
ラブラブ感や色気は圧倒的に足りないですが。。
私のイメージですが、家庭でそういったものを排除しているような印象を受けます。



仲良くなるための手段として名前を呼ぶことのメリットって、よく言われていますよね。
そうなるとやはり、夫婦もお互い名前またはあだ名で呼び合うのがオススメなのか?
まとめサイトもありました!
名前を呼ぶことの大切さ「カクテルパーティー効果」とは
このまとめサイトにも、

  • 名前で呼ばれることは、『自分』を認めてもらっている特別感
  • 名前を呼ぶことで、相手を大切に思う感じ、認めている感じが伝わります。
  • お互いに思いやりをもちながら相手に接すること、相手の名前をきちんと呼んであげることが大切

 

とあります。
名前を呼ぶことでパートナーのことを認めていますよ、という意思表示になるんですね!
面と向かって「あなたのこと認めてますよ!」と言うことってないから、名前を呼ぶことって認めていることを伝える手段でもあるんですね。
なるほど〜!



子供が生まれて1年半ちょっと。
私たち夫婦は今でも、お互いに結婚する前の呼び方で呼び合っています。
これから娘がどんどん言葉を覚えて、話し始めるとまた変わってくるのでしょうか・・・??
普段名前を呼んでいなければ、いきなり名前を呼ぶとびっくりされるかもしれませんが、もしかしたら喜ばれるかもしれませんね^^

 

にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ