できない??やらない??

2018年4月18日

世の中には夫婦円満になるには?とか夫婦仲を改善するためには?という本がたくさんあります。
私も買ったり図書館で借りたりして、10冊以上読みました。

 

その中で、やってみようって思えたのが何度も紹介している「新・良妻賢母のすすめ」なのですが、何冊も何冊も同じような本を読んで、意味があるんだろうか。。
愛されハウツー本なんかは、一種の自己啓発本と言えると思います。
自分を変えたい、周りの状況を変えたい、そう思って読むもので、成功者のノウハウを得るために読むもの。

 

社会人になって、私はよくビジネス系の自己啓発本を読みました。
「夢をかなえるゾウ」「ユダヤ人大富豪の教え」「伝え方が9割」「レバレッジ勉強法」「速読」「マネジメント」etc..
流行りのものに飛びついて、話題の書籍をたくさん読んできましたが、ご存知の通り私はお金持ちでもなければ、スーパーキャリアウーマンでもなく、ただの専業主婦です。
時短家事や整理術と同様、知識としてノウハウを得てもそれを実行し継続していかないと、結果なんて出ないんですよね。。



自己啓発本なんかは、成功すると自己啓発ビジネスと呼ばれるように、講演会などで著者が儲かる仕組みが出来上がっています。
セックスレスや夫婦仲の問題も、同じように講演会なんかが開催されていますね。
例に漏れず、良妻賢母のすすめもそのような活動が行われているようです。
私は参加したこともないし、今のところ参加する予定もありませんが。。
そういう儲け方が悪いとは言いませんが、なんだか私は気持ち悪さというかいやらしさというか悪徳宗教のような胡散臭さをどうしても感じてしまいます^^;
良いセミナーばかりであれば問題ないのですけどね。
いいカモにされている人も多いんじゃないかと。。
私は良妻賢母のすすめを実践して夫婦仲も改善し、夫婦生活も復活したのでいきたいと思わないだけで、もしうまくいっていなかったら、そういうセミナーにも行っていたかもしれませんが。。

 

良妻賢母のすすめを読んで、私も最初は「はぁ??時代錯誤も甚だしい!そんなことできるか!!」って思いました。
かなり昔に出版された古い翻訳本です。
女は家を守れ、外に働きに出るな、ということも書いてあります。
私は専業主婦なので、意図せずその教えを守っていることになるのですが、もし私が職を持っていたら、仕事を辞めることはしないと思います。
努力は必要だけど頑張りたい、出来るかもしれない、と思うことだけ、実践していけばいいと思うんです。
私は全部やることなんて無理!って、思いながら出来ることだけを実践しています。



「そんなことできない!」と思って一蹴することは簡単です。
でも一蹴する前に、本当にできないのか、全部は無理でも一部だけでも取り入れてみることはできないか、と、私は自問自答するようにしています。
最近読んだ、スーパー主婦のスゴ技の本にも、同じようなことが書いてありました。
「いきなり全部やろうとせず、出来ることから取り入れましょう」
特に、私は完璧主義なのでいきなり全部完璧にやろうとしがちです。
そしてひとつ躓いて、全部をやめてしまうパターンが多いです。

 

できなかったらできなかったで、他の方法を探してみればいい、くらいに気楽に構えて、実践もせずに「出来るか!」と投げ出さず、とりあえずダメ元で実践してみることが第一じゃないかなーと思います。
できないと思っても、実際にやってみたら出来ることだってあります。
そうして自分に合う方法が見つけられれば儲けもの、くらいの気持ちで。
数々の自己啓発や整理術を挫折してきた私の話では、ちょっと説得力がありませんが、今回の記事は自分に言い聞かせる意味も含めて^^;
最近、また気が緩んでいるというか、悪い意味で適当になってきていると思うので、この辺で一旦初心に返ろうと思います!

 

にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ