レスする側の苦しみ その2

2018年4月18日

前回の続きです。
相手のせいにしてしまう気持ち、責めたくなる気持ちもわかるんですよね。
レスしていた側の私も、前回書いたように自分を責めた結果主人が私の事情も考えずに求めてくるのが悪い」という思考に陥ったわけで。
自分が苦しんでいる理由は、自分の中に求めるより自分以外の誰かのせいにしたほうが、楽だし、自分で自分を傷つけないで済むから。
逆に、自分のせいだと思い続けることが苦しくてつらくて、相手のせいにしてしまうと考えてもよさそう。
自己防衛の一種なのかもしれません。

 

で、長々と2回に分けてレスする側もつらいんだ、ということを書いているのですが、最終的に何が言いたいのかと言うと、責めずに寄り添って欲しいということ。
なんでできないの、なんでしないの、こんなにつらいのに、と矢継ぎ早に言われても、ただただ責められていると思ってその先にまで考えが及びません。。
セックスレスは夫婦の問題なのに、夫婦同士で対立していては解決できません。
夫婦で共闘して立ち向かっていき、解決する問題ではないでしょうか。



責めないで欲しいと言いつつ、やはり対話は必要だと私も思っています。
でも第一歩は、「セックスレスがつらい、どうにかして欲しい」じゃなくて、「セックスレスは問題、二人で解決しよう」と相手に認識させることからかな、と思います。
レスする側って、セックスしなくても平気なので、セックスレスが問題だとは思っていないと思います。
私がそうだったのですが、セックスレスの先に何が待ち受けているのか、考えもしませんでした。
愛情が失われた、離婚も視野に入れている、そう言われて初めて、危機感を持ったんです。
主人から何度も「つらいんだ、苦しいんだ」と言われていたのに、です。
「つらいんだ、苦しいんだ」と言われても、自分がなぜ応じられないのかわからず、考え始めると自分を責めてしまって苦しいから考えるのをやめてしまい、元に戻る。
そんなことの繰り返しばかりでした。
結局、最後の最後に主人が最終通告してくるまで、主人の主張を私は理解できなかったんです。

 

最終通告して脅しをかけろ、と言うわけじゃないんですよ^^;;
「セックスレス、つらいからどうにかしてくれ」と断っている側に丸投げするんじゃなくて、「セックスレス、一緒にどうにかしようよ」と手を取り合ってみてはどうかな、という提案です。
最終通告されたことがきっかけで、どうにかしたいと私はブログを立ち上げました。
つらつらとブログを書くことで、自分と向き合うことができて拒否していた理由やなんでセックスに積極的になれないんだろうということを、途中で投げ出さずに考えられました。
そうやって自分の気持ちと向き合えて初めて、セックスレスの話し合いを自分から切り出すことができたんです。



おそらく、拒否している側は自分でも把握できていない理由を抱えています。
私もブログでも始めていないと、今みたいに夫婦関係を修復できるような状態にはなれなかったと思います。
根詰めて自問自答を繰り返してやっとたどり着いた、という感覚なので、レスされている側の方には、その自問自答のお手伝いをして欲しいです。
一緒に考えていこうね、一緒に解決していこうね、と寄り添ってもらえるだけで心強いと思うんです。

 

拒否している側がなぜ拒否しているのか、真の理由(拒否するときには理由を誤魔化している、またはその場しのぎが多いと思います)をまず自分で認識し、認識したら相手と共有する。
拒否する理由がわかってようやく、じゃぁどうしようか、どうやって解決しようか、という次の一歩に進めるんじゃないかなーと思うわけです。
どうしても真の理由にたどり着けない時は、カウンセラーなどプロの力を借りてもいいと思います。



長々と二回に分けて、レスしている側の苦しみというタイトルで書いてきました。
書いていて思ったことは、やはりセックスレスって、どっちが悪いか、という問題ではないんだな、ということです。
相手を責めたり、自分を責めたり、どちらかが悪者になってごめんなさいってして解決できるような問題ではないということを改めて感じました。
私がレスしていた側なので、もしかしたら一方的でレスされている側の方からすれば不快な内容だったかもしれません。。
読んでくださった方に、なにかヒントとなるようなことがあれば嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ