浮気に逃げないで

2018年4月18日

セックスレス関連のブログを漁っていると、「レスだからパートナーとは諦めて外で解消するようになった」というブログを見かけることが割とあります。
私の主人もそうやって外で性欲を解消していた一人ですし、そういう人は少なくないのかもしれません。
今回の話は、私がまだ許せていない主人や思春期に浮気した父への怒りだと思って読んでいただければと思います。

 

今回、私が言いたいことはただひとつ。
「浮気をパートナーの所為にするんじゃない!!」
これです。
セックスしたいのに応じてくれないから、だから他の人で性欲を解消する。
そうさせたのは、応じてくれないパートナーの所為で自分は悪くない。
パートナーのことを深く傷つけることになっても、元々はパートナーに原因があるのだから自業自得。
そんな風に、人の所為にすることでルール違反をしている自分を肯定するのは間違ってると思います。



レスされることは大いに辛いことだと、私も理解しているつもりです。
私自身、最初は拒否する側でしたが、主人に「もう抱きたくない」とまで言われた拒否される側でもあったからです。
主人のソープ通いが発覚した時、すでに主人から拒否されていたので、咄嗟に女性向けのサービスを検索したりもしました。
なぜ検索したかというと、私もそういうサービスを利用して主人に同じ思いをさせてやろうというあてつけでした。
でもやっぱり、浮気されたからと浮気するのは間違ってる、と思いとどまりました。

 

思いとどまることが出来たのは、私が主人との関係を修復したいと強く思ったから。
もしこの関係がどうなってもいい、と自暴自棄になっていたら、利用していたかもしれません。。
もしパートナーのことは大事に思っていて生活は共にしたい、でもセックスレスがつらいから浮気に走ろうとしている人がいるなら、浮気の前に他にやることがあるんじゃないか、と思うんです。
浮気に走るくらいならその前に、夫婦関係を精算すればいいんじゃない?くらいに私は思っています。
それが大変なことなのはわかっています。
でもそれくらいの覚悟を持って、夫婦でぶつかり合うのが先なのでは?
強い表現になってしまいますが、浮気された側としてはそう思ってしまいます。



夫婦での衝突を避けてパートナーはそのままキープしといて、世間体は保ちつつ、浮気をするなんて・・・セコイ。
しかも浮気した原因はパートナーにあるって思ってるタチの悪さ。
違いますよ、セックスレスの原因がどちらか一方にしかないなんてこと、ないです。
だって、セックスは二人でするものだから。
片方だけが全ての原因を作っていることなんてないんです。

 

浮気をするのは、浮気をする本人の弱さ。
私はそう思います。
パートナーと向き合うことから逃げた弱さ、人の所為にして自分の非を認めない弱さ。
だから、浮気をされた人はそうやって責められたとしても、浮気の原因は浮気をされた人にはない。
主人がソープに通っていたのは、私の非ではないと、最近ではそう考えるようになりました。
ソープ通いが発覚した当初、私は主人がソープに行ったのは全て自分の所為だと自分を責めていました。
自分で自分を責めて、自分を苦しめていました。



でも、それはもうやめます。
確かに、主人が風俗を視野に入れた時点では、私の存在が主人の行動に影響していたはずなので、その点では私も原因の一部を担っていると言えるとは思うのですが、そこから先の行動については、主人の責任だと考えるようになりました。
パートナーに裏切られたことで、これ以上自分で自分を傷つける必要はない、と今はそう思っています。
こう思えるようになったのも、発覚から少し時間が経ったからかもしれません。

 

ようやく自分を許すことができたので、もう少し時間が経ったら主人のことも許せるようになるかも?
いつかその日が来るといいなと思っています。
感情剥き出しのトゲトゲした文章になってしまいました。。反省><;

 

にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ