常備菜のススメ

2018年4月22日

なんだか、前回の記事を読み返してみると、やっぱり、ちょっと過激だったな、と思いました^^;
勢いで書いたのでそのまま投稿せず、一旦寝かせた方がよかったかも。。

 

今日の記事は主婦業についてです!
最近、常備菜を作るようになりました!
時短家事の本とか読むと、必ずでてくる常備菜。
でもさ、結局、時間とって作んないといけないんですよ。。
当たり前だけどさ(笑)
やる前は、「結局やることは変わんないし」と疑っていたんですが、やってみるとこれが、とってもよかった。
もっと早くやればよかった!と思えるくらいよかった!



うちの夕飯のメニューは基本的に一汁二菜、ご飯、汁物、メインのおかず、副菜という感じです。
で、余裕がないときに削られやすいのが副菜。
この副菜がないと、ちょっと寂しいご飯になってしまいます。
でも常備菜があれば副菜に当てる事が出来て、質素なご飯にならない!

 

そんなこと分かっとんじゃー!って感じの当たり前のことを書いてしまいましたが、何が違うって、心持ちが全然違うんです。
夕方、Eテレで幼児向け番組が始まったら夕飯の準備を開始するのですが、2才前なのでそんなに集中が続くことはなく、私が料理に集中できるのはせいぜい30分がいいところ。
その30分を確保するのもなかなか難しいのが現実。。
それ以上かかると、娘は私に構って欲しいアピールを始めますし。。



その貴重な30分で、まず汁物の出汁をとりつつ、メインの準備をして。。
汁物が出来て、メインもあと焼くだけ、とかになってからやっと副菜に取り掛かっていたのですが、まぁ、今日は無理だ、となることも多い。
しかも、この30分は焦りまくっているので、非常に疲れます。
副菜が作れなかったら、なんとなく、手抜きをしてしまったように感じて主人に出すときに悪いな〜と思ってしまいます。
でも!常備菜があると、この貴重な30分、汁物とメインに集中して割とゆったり料理に取り組む事が出来ます。
今日は副菜何にしよう??と冷蔵庫の中を見ながらメニューを考えなくてもいいし。
「常備菜あるから副菜は作らなくて大丈夫〜」という気持ちの余裕。
気持ちの余裕を作れる、というところが最大のメリットだと私は感じました。

 

もちろんお弁当にも詰められるし、おつまみにもなる。
主人にも好評で、いいことばっかり^^
常備菜作る時間を確保さえできれば・・・!!
結局、これが一番の課題かな^^;;
でも、常備菜3日とか持つので、毎日10 分かけて作ってたのが、3日分が15分程度で作れると思うと、副菜にかける時間を減らすことは出来てますね。
レンジでチンして混ぜるだけ、っていうのもあるので、簡単で美味しい常備菜を研究していきたいと思います!
常備菜に疑いを持っている方は是非、騙されたと思って一度チャレンジしてみてください〜!!

 

にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ